臨床検査技師の国家試験合格を目標に科目別の国家試験対策と語呂、まとめノートや実習レポート他、就職情報や実験報告など紹介

医学検査の専門家
医師の指示監督のもと、病院や診療所などで、微生物的検査や血液学的検査、病理学的検査、心電図、脳波検査などの生理学的検査などさまざまな検査を行い、診断や治療の基礎となるデータを提供する。検査結果が医師の診断を大きく左右するので、緻密な作業が要求される。
『大学・短大・専門学校・スクール』進路情報多数掲載


【国家試験対策】 まとめノート:生理機能検査学 .part1
【国家試験対策】 まとめノート:生理機能検査学 .part2
【国家試験対策】 まとめノート:生理機能検査学 .part3
【国家試験対策】 まとめノート:生理機能検査学 .part4
【国家試験対策】 まとめノート:生理機能検査学 .part5

【国家試験対策】 まとめノート:医学総論 .part1
【国家試験対策】 まとめノート:医学総論 .part2
【国家試験対策】 まとめノート:医学総論 .part3

【国家試験対策】 まとめノート:臨床化学 .part1
【国家試験対策】 まとめノート:臨床化学 .part2
【国家試験対策】 まとめノート:臨床化学 .part3
【国家試験対策】 まとめノート:臨床化学 .part4
【国家試験対策】 まとめノート:臨床化学 .part5

【国家試験対策】 まとめノート:解剖病理学 .part1
【国家試験対策】 まとめノート:解剖病理学 .part2
【国家試験対策】 まとめノート:解剖病理学 .part3
【国家試験対策】 まとめノート:解剖病理学 .part4
【国家試験対策】 まとめノート:解剖病理学 .part5

【国家試験対策】 まとめノート:輸血・免疫学 .part1
【国家試験対策】 まとめノート:輸血・免疫学 .part2
【国家試験対策】 まとめノート:輸血・免疫学 .part3
【国家試験対策】 まとめノート:輸血・免疫学 .part4

【国家試験対策】 まとめノート:血液学 .part1
【国家試験対策】 まとめノート:血液学 .part2
【国家試験対策】 まとめノート:血液学 .part3
【国家試験対策】 まとめノート:血液学 .part4
【国家試験対策】 まとめノート:血液学 .part5

【国家試験対策】 まとめノート:微生物学 .part1
【国家試験対策】 まとめノート:微生物学 .part2
【国家試験対策】 まとめノート:微生物学 .part3
【国家試験対策】 まとめノート:微生物学 .part4
【国家試験対策】 まとめノート:微生物学 .part5
【国家試験対策】 まとめノート:微生物学 .part6
【国家試験対策】 まとめノート:微生物学 .part7

【国家試験対策】 まとめノート:検査総論学.part1
【国家試験対策】 まとめノート:検査管理学.part1
【国家試験対策】 まとめノート:公衆衛生学.part1
【国家試験対策】 まとめノート:医動物学.part1
【国家試験対策】 まとめノート:医用工学.part1
【国家試験対策】 まとめノート:検査機器総論.part1


このエントリーをはてなブックマークに追加 就活作戦会議にほんブログ村クチコム就活ノート

関連タグ : 国家試験対策, 検査, 症状, 語呂, 回路, 細胞, 染色, 血液, 細菌, ウイルス,


noroQuagen2.jpg

感染性胃腸炎や冬期食中毒の主原因の1つであるノロウイルス(NoV)は,カリシウイルス科ノロウイルス属に分類され,直径30_38nmで+鎖の一本鎖RNAを有しているが,培養細胞・実験動物により人工的に増殖させる技術は,未だ確立されていない1)。そのため,検出には逆転写酵素(reverse transcriptase:RT)を利用したReal-time RT_PCR法により実施される。

しかし,検査材料である糞便,食品等は酵素反応を阻害する夾雑物を多量に含み,また一本鎖RNAはDNAと比較して不安定であるため,NoV検査において,RNA抽出の成否確認は特に重要である。従来,NoV検査におけるRNA抽出 コントロールとして,エコーウイルス9型(E9)Hill株のRT_PCR法2),3)が実施されてきた。

しかし,この方法は電気泳動や核酸染色等の煩雑な処理が必要であるため長時間を要し,最終判定までの律速段階となっていた。そこで,NoV検査の迅速化を目的に,E9 Hill株をNoVと同時にReal-time RT_PCR法で検出するためのプライマー及びプローブを新たに設計し,実用性の検証を行った。

また,NoVと同様に+鎖の一本鎖RNAを有し,胃腸炎の原因となるサポウイルス4)(SaV)及びアストロウイルス5)(AstV)のReal-time RT_PCR法による検査への応用についても検証した。

引用:ノロウイルス検査における抽出コントロールとしてのエコーウイルス9型Hill株のReal-time RT_PCR法による検出



このエントリーをはてなブックマークに追加 就活作戦会議にほんブログ村

関連タグ : 検査, ウイルス, 遺伝子, RNA, ,


ノロウイルスは体内に入った後、小腸の上皮細胞で増殖し、胃の運動神経の低下や麻痺を伴うため、腹痛・下痢・吐き気・嘔吐の主症状を引き起こす。潜伏期間は12〜48時間で胃をひっくり返すような強烈な嘔吐もしくは吐き気が突発的に起きるのが特徴。

ノロウイルスに感染すると水溶性の下痢を繰り返し、その他の症状として、発熱以外に、筋肉痛、頭痛などが見られるが、後遺症が残ることもなく、いずれも軽症で終わる。

感染者の嘔吐物や便が乾燥するとウイルスが空気中に拡散し経口感染の恐れがあるため、汚物に対して次亜塩素酸(ハイター)による消毒が不可欠となる。

noroshokuhin.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加 就活作戦会議にほんブログ村

関連タグ : 遺伝子, 感染, ウイルス, 遠心分離, ,


内毒素について	外毒素について
■	G(-)桿菌細胞壁成分のリポ多糖体(LPS)
■	抗原性が弱くトキソイド化できない
■	耐熱性(100℃・30分の加熱に耐える)	■	蛋白またはペプチド
■	トキソイド化されやすい
■	易熱性
感染症の分類	予防接種
■	1類:ペストや発熱疾患など
■	2類:ポリオや呼吸器疾患など
■	3類:腸疾患など	「結局 日本・風邪・予防 は・じ・まる・ぽ・い」

微生物と疾患	
■	トレポネーマ:梅毒
■	ボレリア:回帰熱
■	マイコプラズマ:異型肺炎
■	レプトスピラ:ワイル病
■	クラミジア:トラコーマ	
	DNAウイルス
	「単純な伊藤さん ・水・ア・ビでパワーアップ」
	 

【βラクタマーゼ】
セリンβラクタマーゼ(基質拡張型)
メタロβラクタマーゼ(カルバペネム分解)	
死菌ワクチン	トキソイドワクチン	多価ワクチン
■	日本脳炎
■	インフルエンザ
■	狂犬病
■	コレラ
■	肺炎桿菌	■	ジフテリア
■	破傷風	「俳優のイン・ポ手術・高い」

		
二形性真菌	Mycobacterium tuberculosisについて
■	Sporothrix schenckii
■	Coccidioides
■	Histoplasma
■	Blastomyces	■	ナイアシンテスト(+)
■	硝酸塩還元(+)
■	R型コロニーを形成
■	Runyon分類に属さない
■	BCGはウシ型菌に由来する
 

【スピロヘータが原因となる疾患】
■	梅毒、回帰熱、ライム病	
【ワイルフェリックス反応】
■	ツツガムシ=リケッチア=発疹チフス	
【FITC】
■オウム病=クラミジア=トラコーマ

関連タグ : 国家試験対策, 語呂, ウイルス, 細菌, ワクチン,


免疫学的検査法の種類	抗核抗体の種類
■	伝染性単核症:ポールバンネル反応(ヒツジRBC)異好抗原
■	連鎖球菌:ASO価、PHA法
■	サルモネラ:Widal(ヴィダール)反応
■	リケッチア:Wile-Felix(ワイル・フェリックス)反応
■	マイコプラズマ:寒冷凝集反応(ヒトO型RBC)
■	梅毒:抗カルジオリピン-ガラス板法、RPR法
    :TP(トリポネーマ・パリダム)抗原-TPHA、FTA‐ABS
■	クラミジア、トキソプラズマ:蛍光抗体法
■	風疹:赤血球凝集抑制反応
■	HBV:RPHA法
■	関節リュウマチ:ワーラーローズ(ウサギIgG、感作RBC)	■	シェーグレン症:抗SS‐A、抗SS‐B 多クローン性
■	全身性硬化症(強皮症):抗scl-70
■	原発性胆汁性肝硬変:抗ミトコンドリア
■	橋本病:抗サイログロブリン、抗μ(マイクロ)ソーム
■	多発性筋炎:抗Jo-1
■	混合性結合組織(MCTD):抗U1-RNP
■	バセドウ病:抗TSH受容体
■	SLE(全身性エリテマトーデス):抗Sm、抗DNA
■	重症筋無力症:抗アセチルコリン受容体
※Hep-2(ヒト咽頭癌培養株)
ABO式血液型の特徴	オモテ試験(血球)誤判定の原因	HIVの特徴 RNAウイルス
■	第9染色体長腕に存在する
■	IgMクラスに属する
A型:N-アセチルガラクトサミン
B型:D-ガラクトース
O型:L-フコース	■	亜型
■	キメラ
■	後天性B
■	汎血球凝集反応	■	CD4/CD8比1以下↓↓
■	感染後6週で抗体(+)
■	ELISA法、PA法でスクリーニング
■	PCR法でウイルス量の測定
感度:RIA>CLIA>EIA>TIA
Rh式血液型の特徴	ウラ試験(血清)誤判定の原因	B型肝炎の血液検査の指標
■	第1染色体短腕に存在する
■	日本人Rh(-)割合:0.5% CCDee
■	RhD不適合妊娠は第2子目から起こる
※ABO式血液型不適合妊娠の原因はIgG	■	新生児 抗体産生未発達による
■	先天性無γ-グロブリン症
■	連銭形成
■	寒冷凝集素
■	不規則抗体	■	HBs抗原:HBV感染中
■	HBe抗原:HBV感染の指標
■	HBc抗体:↑↑上昇⇒活動中
HBc=核(コア)↓↓既往(治癒)
■	HBs抗体:HBワクチン接種(能動的)
CD4について	CD8について	補体の種類
■	MHCクラスⅡに属する
■	Th1(細胞性免疫):IL-2、IFN‐γ
■	Th2(液性免疫):IL4~6 ヘルパーT	■	MHCクラスⅠに属する
■	Tk細胞:キラー細胞
■	Ts細胞:免疫抑制 サプレッサー	■	IL-1:マクロファージ
■	C5a:走化因子
■	C3a:食作用
■	C3b+IgG:オプソニン作用
補体・古典経路の特徴	補体・副経路の特徴	レクチン経路の特徴
■	IgG2分子とIgMが関与
■	活性にはCa2+とMg2+が必要
■	C1qからはじまる	■	IgA2分子とIgDが関与
■	活性にはMg2+が必要
■	C3からはじまる
■	B因子とD因子が関与	■	第2経路:自然免疫に関与
■	マンノースで活性化

関連タグ : 国家試験対策, 補体, 血液型, 抗体, 検査, ウイルス,