臨床検査技師の国家試験合格を目標に科目別の国家試験対策と語呂、まとめノートや実習レポート他、就職情報や実験報告など紹介

医学検査の専門家
医師の指示監督のもと、病院や診療所などで、微生物的検査や血液学的検査、病理学的検査、心電図、脳波検査などの生理学的検査などさまざまな検査を行い、診断や治療の基礎となるデータを提供する。検査結果が医師の診断を大きく左右するので、緻密な作業が要求される。
『大学・短大・専門学校・スクール』進路情報多数掲載


【国家試験対策】 まとめノート:生理機能検査学 .part1
【国家試験対策】 まとめノート:生理機能検査学 .part2
【国家試験対策】 まとめノート:生理機能検査学 .part3
【国家試験対策】 まとめノート:生理機能検査学 .part4
【国家試験対策】 まとめノート:生理機能検査学 .part5

【国家試験対策】 まとめノート:医学総論 .part1
【国家試験対策】 まとめノート:医学総論 .part2
【国家試験対策】 まとめノート:医学総論 .part3

【国家試験対策】 まとめノート:臨床化学 .part1
【国家試験対策】 まとめノート:臨床化学 .part2
【国家試験対策】 まとめノート:臨床化学 .part3
【国家試験対策】 まとめノート:臨床化学 .part4
【国家試験対策】 まとめノート:臨床化学 .part5

【国家試験対策】 まとめノート:解剖病理学 .part1
【国家試験対策】 まとめノート:解剖病理学 .part2
【国家試験対策】 まとめノート:解剖病理学 .part3
【国家試験対策】 まとめノート:解剖病理学 .part4
【国家試験対策】 まとめノート:解剖病理学 .part5

【国家試験対策】 まとめノート:輸血・免疫学 .part1
【国家試験対策】 まとめノート:輸血・免疫学 .part2
【国家試験対策】 まとめノート:輸血・免疫学 .part3
【国家試験対策】 まとめノート:輸血・免疫学 .part4

【国家試験対策】 まとめノート:血液学 .part1
【国家試験対策】 まとめノート:血液学 .part2
【国家試験対策】 まとめノート:血液学 .part3
【国家試験対策】 まとめノート:血液学 .part4
【国家試験対策】 まとめノート:血液学 .part5

【国家試験対策】 まとめノート:微生物学 .part1
【国家試験対策】 まとめノート:微生物学 .part2
【国家試験対策】 まとめノート:微生物学 .part3
【国家試験対策】 まとめノート:微生物学 .part4
【国家試験対策】 まとめノート:微生物学 .part5
【国家試験対策】 まとめノート:微生物学 .part6
【国家試験対策】 まとめノート:微生物学 .part7

【国家試験対策】 まとめノート:検査総論学.part1
【国家試験対策】 まとめノート:検査管理学.part1
【国家試験対策】 まとめノート:公衆衛生学.part1
【国家試験対策】 まとめノート:医動物学.part1
【国家試験対策】 まとめノート:医用工学.part1
【国家試験対策】 まとめノート:検査機器総論.part1


このエントリーをはてなブックマークに追加 医療系学生と医療従事者の語らいにほんブログ村

関連タグ : 国家試験対策, 検査, 症状, 語呂, 回路, 細胞, 染色, 血液, 細菌, ウイルス,


アミノ酸の代謝
	セリン→エタノールアミン→コリン
   ↓
グリシン→ヘム→ヘモグロビン

	アルギニン→クレアチン→クレアチンリン酸
    ↓
尿素		グリシン+サクシニルCoA→プロトポルフィリン
                   Fe2+ ↓
ヘム
                      ↓
(便)ステルコビリノゲン←小腸:ビリルビン←ビリベルジン
                ↓
           ウロビリノゲン→酸化:ウロビリン(尿)
	メチオニン
  ↓
シスチン→タウリン(抱合)→タウロコール酸(胆汁酸)	フェニルアラニン→チロシン→ドーパ→ドパミン→アドレナリン
            ↓      ↓
ユビキノン(電子伝達系) メラニン
ケトン体の代謝	ヘモグロビンの代謝
	       アセチルCoA
              ↓
アセトアセチルCoA  アセトン
              ↓      ↑
胆汁酸←コレステロール合成←HMG‐CoA→アセト酢酸
          ↓               ↓
ビタミンD          βヒドロキシ酪酸		ヘモグロビン→グロビン
    ↓
ヘム→Fe
↓
プロトポルフィリン→ビリベルジン
            ↓ ↑酸化
直ビ(グルクロン抱合)←間ビ+Alb←ビリルビン
グリセロリン脂質	スフィンゴ脂質
■	ケファリン:ホスファチジン酸+エタノールアミン
■	カルジオリピン
■	プラスマローゲン
■	ホスファチジル~	■	セラミド:スフィンゴシン+脂肪酸
■	スフィンゴミエリン:セラミド+コリン
・スフィンゴシン+セラミド=スフィンゴリン脂質
・セラミド+糖=糖脂質(セレブロシド、ガングリオシド)
細胞器官の特徴と働き

 
■	ゴルジ体:タンパクに糖鎖の付加
■	リソソーム:加水分解酵素
■	リボソーム:タンパク合成
■	ミトコンドリア-マトリックス(内膜):TCA回路
(ASTが存在する)        脂肪酸のβ酸化
         -クリステ(外膜):電子伝達系
■	細胞膜:脂質二重層(リン脂質) レシチン97%含有
■	細胞質:解糖系、脂肪酸合成、ペントースリン酸
      糖新生、ヌクレオチド生成

関連タグ : 国家試験対策, アミノ酸, 代謝, 回路, 細胞, 脂質,



第56回 臨床検査技師国家試験 午後

95 電圧100Vで500Wの電熱器がある。電圧を変えずに針金の長さを半分にした場合の電力はどれか。
1.  125W
2.  250W
3.  500W
.1,000W ⇒針金の長さ1/2=抵抗値1/2=電流2倍
5.2,000W
96 図の回路に相当するゲートはどれか。
1.AND
.NAND
3.NOR
4.NOT
5.OR
NAND回路
97 CF形機器の正常動作時の外装漏れ電流の許容値はどれか。
1.0.01mA
2.0.05mA
.0.1 mA
4.0.5 mA
5.1   mA
電流の許容値

98 植込み型心臓ペースメーカへの影響を考慮すべき機器はどれか。2つ選べ。
.電子商品監視(EAS)機器 ⇒電磁波
2.赤外線リモコン ⇒赤外線
3.ノート型PC
4.補聴器
.MRI ⇒電磁波

99 ソフトウェアはどれか。
1.CPU ⇒ハードウェア
2.MODEM ⇒ハードウェア
3.OMR ⇒ハードウェア
.OS ⇒パソコン内の動作環境はソフトウェア
5.RAM

100 純水製造処理において水の電気伝導率が最も低くなるのはどれか。
1.活性炭吸着装置
.イオン交換装置
3.除菌フィルタ
4.UV殺菌装置
5.逆浸透装置

関連タグ : 国家試験対策, 回路,



第56回 臨床検査技師国家試験 午前

96 図のRC回路で正しいのはどれか。ただし、Rは抵抗、Cはコンデンサである。
RC回路
1.入力信号の微分波形を出力信号として取り出すことができる。⇒積分
2.高域通過フィルタとして使用することができる。⇒低域通過フィルタ
.出力電圧の位相は入力信号に対して遅れる。
4.回路の時定数はRとCとので表される。⇒積
5.回路の遮断周波数はCに比例する。⇒反比例


97 商用交流電流(50Hz)を皮膚から1秒間通電したとき、人体の電撃反応における離脱電流値はどれか。

1. 0.1mA ←ミクロショックにおける心室細動
2. 1 mA ←最小感知電流
. 10 mA
4. 100 mA ←マクロショックにおける心室細動
5.1,000 mA


98 情報をコード化するとき、10ビットで表現できるコードの種類はどれか。

1.   64
2.  128
3.  512
.1,024 ⇒10ビット=2の10乗=1024
5.4,096


99 病院情報システムにおいて機密性保護に該当しないのはどれか。

1.職種によってアクセスできる資源の種類を制限する。
2.ユーザーがアクセスした情報内容を記録する。
.キーワードで医療薬品情報を参照する。
4.パスワードの定期的変更を求める。
5.ユーザの登録を義務化する。


100 滅菌について正しいのはどれか。2つ選べ。

1.乾熱滅菌は95~100℃で行う。 ⇒180℃
.γ線は包装後の滅菌に有効である。
3.濾過滅菌は血清の滅菌には適していない
4.高圧蒸気滅菌は芽胞を有する細菌には無効である。 ⇒有効
.エチレンオキサイドガスはプラスチック製品の滅菌に有効である。

関連タグ : 国家試験対策, 回路,



ミトコンドリアの主要な機能は脂肪酸のβ酸化や、電子伝達系による酸化的リン酸化によるエネルギー生産である。細胞のさまざまな活動に必要なエネルギーのほとんどは、直接、あるいは間接的にミトコンドリアから、ATPの形で供給される。

【ミトコンドリア・クリステの働き】
・酸化的リン酸化
・電子伝達系
・ATP産生
・呼吸


【ミトコンドリア・マトリックスの働き】
・TCA回路
・β酸化



リン脂質は、大きく分けてグリセリンを骨格とするグリセロリン脂質と、スフィンゴシンを骨格とするスフィンゴリン脂質の2つが存在

【グリセロリン脂質を含むもの】
・プラスマローゲン
・カルジオリピン
・レシチン
・ホスファチジルエタノールアミン



ATPはリン酸が3個、ADPはリン酸が2個つながっている。高エネルギーリン酸結合とはリン酸とリン酸の結合でありATPは2個、ADPは1個の高エネルギーリン酸結合をもつ。リン酸結合が切れることにより生じるエネルギーを生体反応に利用する。

【高エネルギーリン酸結合物】
・クレアチンリン酸
・ATP ・ ADP
・ホスホエノールピルビン酸
・1,3-ジホスホグリセリン酸



ヒドロキシ基を持つセリン・トレオニン、硫黄を含むシステイン・メチオニン、アミド基を持つアスパラギン・グルタミン、イミノ基を持つプロリン、芳香族基を持つフェニルアラニン・チロシン・トリプトファンに分類される。イミダゾール環をもつヒスチジン、インドール環をもつトリプトファン、イミノ基をもつプロリンなどは覚えておきたい。

【アミノ酸の代謝】
★セリン⇒グリシン⇒ヘム⇒ヘモグロビン
★セリン⇒エタノールアミン⇒コリン
★メチオニン⇒シスチン⇒タウリン(抱合)⇒タウロコール酸
★フェニルアラニン⇒チロシン⇒ドーパ⇒メラニン
★トリプトファン⇒セロトニン⇒メラトニン(下垂体中葉・松果体)



関連タグ : 国家試験対策, 回路, 細胞,