微生物学

ここでは、「微生物学」 に関する記事を紹介しています。

医学検査の専門家
医師の指示監督のもと、病院や診療所などで、微生物的検査や血液学的検査、病理学的検査、心電図、脳波検査などの生理学的検査などさまざまな検査を行い、診断や治療の基礎となるデータを提供する。検査結果が医師の診断を大きく左右するので、緻密な作業が要求される。
『大学・短大・専門学校・スクール』進路情報多数掲載



レジオネラ属菌は土中や冷却塔水などの自然環境に生息するグラム陰性桿菌である。ヒトの口腔内にも常在するが、免疫力の低下により肺炎を引き起こすことが知られており、在郷軍人病やポンティアック熱の原因菌である。レジオネラは、発育因子にシステインと鉄を要求するため一般の培地に発育しないため、培養にはレジオネラ用の選択分離培地が必要となる。グラム染色では難染性を示すため、ヒメネス染色などの特殊な染色法が主流となっている。

rejonea.jpg


このエントリーをはてなブックマークに追加 医療系学生と医療従事者の語らいにほんブログ村

関連タグ : 微生物, ヒメネス染色, 衛生検査, レジオネラ属菌, 検査,



ウェルシュ菌は、クロストリジウム属の一菌種で、偏性嫌気性の芽胞形成菌である。グラム陽性の大桿菌で、非運動性、芽胞を偏在性に形成し、発育指摘温度は43~47℃である。この菌はヒトや動物の腸内常在菌であり、土壌、河川、海など広範囲に分布おり、100℃ 6時間の加熱にも耐える芽胞を形成するが、酸素が多い空気中では生存できない。

welsh.jpg


好気嫌気発育試験
卵黄加CW寒天培地(カナマイシン不含)2枚に画線塗抹し、好気培養と嫌気培養で培養する。ウェルシュ菌は嫌気のみで発育する。

レシチナーゼ反応試験
分離培養を行った卵黄加CW寒天培地などで確認する。

乳糖分解試験  ゼラチン液化試験
LG培地で確認する。

牛乳凝固・消化試験
還元鉄加スキムミルク培地に供試菌を接種し、37℃, 1~2日好気培養する。ウェルシュ菌は嵐状発酵や凝固を確認する。

硝酸塩還元試験   運動性試験
NM培地で確認する。


このエントリーをはてなブックマークに追加 医療系学生と医療従事者の語らいにほんブログ村

関連タグ : ウェルシュ菌, 培養同定, 細胞, 微生物, 衛生検査, 染色,