遺伝子検査学

ここでは、「遺伝子検査学」 に関する記事を紹介しています。

医学検査の専門家
医師の指示監督のもと、病院や診療所などで、微生物的検査や血液学的検査、病理学的検査、心電図、脳波検査などの生理学的検査などさまざまな検査を行い、診断や治療の基礎となるデータを提供する。検査結果が医師の診断を大きく左右するので、緻密な作業が要求される。
『大学・短大・専門学校・スクール』進路情報多数掲載



【蛋白合成過程の専門用語】
▼イントロン・・・不要な部分
▼スプライシング・・・イントロン部分を切除します。
▼ナンセンス変異・・・塩基コードの途中で停止(終止コドン→U●●)
▼ミスセンス(点変異)・・・1個の塩基対の変化です。→GG⇒G
▼フレームシフト・・・塩基コードがズレます。
▼エクソン・・・アミノ酸を読み取ります。
▼プロモーター・・・転写を調節する領域です。
▼mRNA(メッセンジャーRNA)・・・DNAの情報を伝達します。
▼tRNA(トランスファーRNA)・・・アミノ酸をmRNAに運びます。
▼rRNA(リボソームRNA)・・・蛋白質の合成

【複製】DNAポリメラーゼ ←DNA
 ↓転写(トランスリプション)
mRNA
 ↓翻訳(トランスーション)
tRNA
 ↓
rRNA リボソーム(粗面小胞体)


【常染色体優性遺伝】

 「下半身(かはんしん) まる 出し 家族、 高校 で 優等生」

▼かはんしん・・・ハンチントン舞踏病
▼まる・・・マルファン症候群
▼家族・・・家族性大腸ポリポーシス
▼高こう・・・高コレステロール血症
▼優等生・・・常染色体優性遺伝


【伴性劣性遺伝】
性染色体の中のx染色体に異常があって起こります。

▼色盲
▼進行性筋ジストロフィー(幼年型=デュシェンヌ型)
▼血友病


臨床検査技師国家試験について

関連タグ : 国家試験対策, 症状, 語呂, 遺伝, 細胞,

前回の記事→集中力・記憶力を高める行動と食事の続き

【Sir2遺伝子のスイッチをONにする方法】
「遺伝子研究者レオナルド・ガレンテの老化を防ぎ若さを保つメカニズム」よると食べ物から摂取するカロリーを制限することで、より少ないブドウ糖などから効率的にエネルギーを作れるようになり、からだの酸化の原因である活性酸素(ストレスにより増加)の発生量が減少。その結果、老化の速度が抑えられる。

ヒトに近い赤毛ザルで、普通のエサを与えたサルと、ビタミンやミネラルなどの栄養素を保ちながら、摂取するカロリーを30%減らしたサルとを比較した結果、カロリー制限をおこなったサルは、肌や毛並みに色ツヤがあり、白髪やシワも少なく若々しく見えた。また、若返りホルモンDHEASの値も高く、脳が活性化されていることも確認された。 細胞レベルにおいても、活性酸素による損傷が少ないため、動脈硬化になる危険性が小さいといえる。

【CREB 遺伝子】
促進性CREBタンパク質が過剰になると記憶が異常に高まり、覚えすぎの状態が起こる。実際、シィーというロシアの元新聞記者は見たもの聞いたものを何でも覚えてしまい「覚えすぎの状態」となり混乱するため、余計な事を忘れるよう努力した。

【繰り返し覚える努力】
短期記憶(一時記憶)から長期記憶に発展させるため、何度も間を空けて最低4回以上の反復作業が必要となる。記憶の仕方は人それぞれであり、読み書き、関連付け、音読など 例外として香りや音楽を取り入れて記憶を増強する方法もある。ローズマリーの香りとかモーツァルトの音楽など

【規則的な生活で記憶力を高める】
不規則な生活をしていると体内時計が狂って脳の血流量に異常が出てくる。したがって記憶力が低下する原因になる。体内時計の調整はメラトニン、ビタミンB12、太陽の光で改善する。ここで注意しなければならないのは太陽の光を浴びるタイミング
太陽の光は体内時計(25時間)のリセットの役割を果たすので、浴びすぎは逆効果になり睡眠障害を引き起こす場合がある。最適な時間帯は夕方4時頃で30分ほどの散歩が効果的。しかし、季節により太陽の明るさが違ってくるので頭に入れておきたい。

【結論】
記憶を高めるには、質の良い食事や睡眠などの規則正しい生活習慣を心がけ、ストレスを解消しながら腹7分目を維持しておけば間違いない。この条件を満たし学習面で努力した者が成功者となるだろう。

関連タグ : 記憶力, 遺伝子, 回路, 国家試験対策,