生理機能検査学

ここでは、「生理機能検査学」 に関する記事を紹介しています。
医学検査の専門家
医師の指示監督のもと、病院や診療所などで、微生物的検査や血液学的検査、病理学的検査、心電図、脳波検査などの生理学的検査などさまざまな検査を行い、診断や治療の基礎となるデータを提供する。検査結果が医師の診断を大きく左右するので、緻密な作業が要求される。
『大学・短大・専門学校・スクール』進路情報多数掲載





マスター2階段	トレッドミル
■	年齢・性・体重から回数を求める。
■	心電図・血圧のモニターを行わない。	■	目標心拍数の85~90%に達すれば終了
■	運動中の心電図・血圧モニターが可能
■	ST低下↓↓、心室頻拍、多源性心室性期外収縮など収縮期血圧250mmHg以上↑↑で中止
ホルター心電図(胸部双極誘導法)	心音図
■	CC5・CM5誘導:ST低下↓↓の検出
■	NASA誘導:P波の検出
■	不整脈、狭心症の診断	■	Ⅰ音:R波より0.04秒遅れて出現
■	Ⅱ音:T波の終わりに出現
■	Ⅲ音:房室弁の開放音
心電計 (1mV=10mm)	<フローボリューム> ※ノーズクリップ使用
・	努力呼出では最大吸気位~最大呼出を行わせる。
<スパイロメトリ> 容積型:閉鎖回路―ベネディクトロス型
・	肺活量は、実測値と予測値(性・年齢・身長)から求める。
■	差動増幅器:同相入力信号減弱↓↓
■	ウィルソン結合電極は不関電極(ゼロ電位点)
■	患者保護ヒューズは右足コード側に入れる
■	患者側ヒューズ:5mA、接触抵抗:30kΩ以下↓↓	
脳波賦活法
■	ビルドアップ:脳波の高振幅・徐波化
■	睡眠賦活:精神運動発作が誘発されやすく側頭葉棘波が見られる。
■	過呼吸賦活:欠伸発作が誘発されやすい
■	光刺激:前頭部に眼瞼運動に一致してアーチファクトが出現することがある。
筋電異常疾患	運動神経系
■	神経原性:筋萎縮性側索硬化症
■	筋原性:多発性筋炎
:筋緊張性ジストロフィ
:進行性筋ジストロフィ
■	神経・筋接合部異常:重症筋無力症
■	脳梗塞:上位ニューロン障害	■	神経支配比は細かい運動に関与する筋肉で小さい
■	大脳運動野から外側皮質脊髄路へ至る軸索は延髄錐体で交叉する
■	大脳皮質で運動野は中心溝より前方に存在する。
■	脊髄運動神経細胞は前角内に存在する。
■	聴力検査	

■	縦軸が[dB]、横軸が[Hz]
■	伝音性難聴=×気導聴力+○骨導聴力
■	感音性難聴=×気導聴力+×骨導聴力
<疾患> 伝音性難聴:中耳炎
         感音性難聴:メニエール、老人性難聴

関連タグ : 国家試験対策, 語呂, 聴力, 心音, 心電, 検査, 筋電,


眼底検査の異常・疾患の診断	各種心電図・脈波による疾患の診断
■	緑内障 :視神経乳頭陥凹
■	糖尿病 :点状出血
■	白内障 :水晶体混濁(白濁)
■	高血圧 :線状出血
■	動脈硬化 :線状出血
■	頭蓋内圧亢進 :うっ血乳頭	■	負荷心電図:狭心症の鑑別
■	ホルター心電図:不整脈の鑑別
■	加算平均心電図:ブルガダ症
■	ABI:下肢動脈の狭窄や閉塞
■	神経伝導検査:多発性筋炎(ギランバレー)
筋電図異常	時定数
■	ミオトニー放電:筋強直性ジストロフィ
■	群化放電:パーキンソン
■	多相性電位:多発神経炎
■	漸減現象:重症筋無力症
■	漸増現象:ランバート・イートン症
■	線維束電位:筋萎縮性側索硬化症
          :ギランバレー	■	筋電図:0.03秒
■	脳波: 0.3秒
■	心電図:   3秒

・筋原性(早期動員):低電位・短持続
・神経原性(不完全干渉):高電位・長持続
脱随時にみられるCMAPの変化	
■	伝導速度の低下↓↓
■	異常な時間的分散
■	伝導ブロック
■	被刺激閾値上昇↑↑	■	MCV(運動神経伝送速度):2点刺激1点記録
■	SCV(知覚神経伝導速度):1点刺激1点記録
■	M波の潜時は数msec
■	H波の潜時は20~30msec
■	F波の潜時は30msec
脳波
■	δ波:0~3Hz
■	θ波:4~8Hz
■	α波:8~14Hz
■	β波:14Hz以上↑↑
μ律動:知覚刺激や四肢の運動により抑制
K‐複合:音刺激で誘発(瘤波+紡錘波)	■	StageⅠ:瘤波(軽眠初期)
■	StageⅡ:紡錘波(軽眠期)
■	StageⅢ:徐波+紡錘波(中等度睡眠)
■	StageⅣ:丘波(深眠期)
各種検査と指標	末梢気道閉塞の指標
■	単一呼吸法:肺内ガス分布
■	1回呼吸法:拡散能力
■	食道バルーン法:静肺コンプライアンス
■	体プレスチモグラフ:気道抵抗
■	オッシレーション:呼吸抵抗	■	動肺コンプライアンス
■	クロージングボリューム
【機能的残気量の測定】
・	体プレスチモグラフ:閉鎖回路(Heガス)
(気道抵抗)    :開放回路(N2ガス)
・	クロージングボリューム:ボーラス法(Heガス)
          :レジデントガス法(N2ガス)

関連タグ : 国家試験対策, 検査, 脳波, 筋電図, 眼底検査, 症状,