医用工学

ここでは、「医用工学」 に関する記事を紹介しています。
医学検査の専門家
医師の指示監督のもと、病院や診療所などで、微生物的検査や血液学的検査、病理学的検査、心電図、脳波検査などの生理学的検査などさまざまな検査を行い、診断や治療の基礎となるデータを提供する。検査結果が医師の診断を大きく左右するので、緻密な作業が要求される。
『大学・短大・専門学校・スクール』進路情報多数掲載


	紫外(400nm↓↓)	可視(400nm~800nm)	赤外(800nm↑↑)	あ(赤):700nm
き(黄):580nm
み(緑):540nm
あ(青):450nm
し(紫):420nm
タングステンランプ		〇		
キセノンランプ	〇	〇		
水銀ランプ	〇			
重水素放電管	〇			
ガラスセル		〇	〇	
プラスチックセル		〇		
石英セル	〇	〇		
【光度計】	原理	光源	顕微鏡
原子吸光光度計	気化	ホロカーソードランプ	■	無染色標本:位相差、暗視野
■	焦点深度:開口数と総合倍率に反比例
■	アポクロマート系のレンズは色収差が補正
■	分解能↑↑:○短波長・開口数○大
■	明るさ:輝度に比例・開口数の2乗に比例
炎光光度計	気化		
蛍光光度計	励起光	キセノンランプ
水銀ランプ	
			
純水製造装置	比色法 ランベルト・ベール
■	蒸留法:アセトン、アルコールは残る
■	イオン交換法:微生物は残る⇒RO膜が除去に有効
■	逆浸透膜法:ウイルス・バクテリアも除去可能	ランベルト:吸光度は光路長に比例
ベール:吸光度は溶液の濃度に比例
滅菌装置	化学容量器
■	乾熱滅菌:160℃・30分 金属、ガラス
■	高圧蒸気滅菌:121℃・2気圧・15分
■	間けつ滅菌:80℃・3回
■	EOGガス滅菌:50℃ ゴム、プラスチック、内視鏡
■	濾過滅菌:液体 Mycoplasmaは0.22μのフィ
ルターを通過する	■	標準温度:20℃
■	検定法:容積を調べる
■	検定公差:液体を測るときの許容誤差
■	TD(出 用):ホールピペット、メスピペット
■	TC(受用):メスシリンダー
■	TD・TC:メスフラスコ
遠心分離機	天秤
■	回転半径(r)に比例する
■	回転数(n)の2乗に比例する
■	アングル型:固定
■	スイング型:水平
■	パティカル型:垂直
■	ヘマトクリットの分離は12000rpm・5分間	■	○秤量:最○大質量
■	感量:最小質量
■	上皿天秤(副竿):電子(振子)
■	化学天秤:電磁力
■	直示化学天秤:オイルダンパー(制御)
単位
■	長さ:m
■	量:kg
■	時間:s
■	光度:cd	10-1=d(デシ)
10-2=c(センチ)
10-3=m(ミリ)
10-9=n(ナノ)	103=k(キロ)
106=M(メガ)
109=G(ギガ)
1012=T(テラ)

関連タグ : 国家試験対策, 滅菌, 光度, 顕微鏡,



	容量(インダクタ)	インピーダンス	周波数
コンデンサ	↓↓	↑↑	↓↓
インダクタ	↑↑	↑↑	↑↑
	■	電力:W [ワット]
■	インピーダンス:Ω[オーム]
■	コンダクタンス:S [シーメンス]
■	増幅度:dB [デシベル]
■	インダクタンス:H [ヘンリー]
■	コンデンサ:F [ファラド]
■	起電力:V [ボルト]
■	電荷:C [クーロン]
■	静電容量:F [ファラド]
電気抵抗をもつトランデューサ	起電力をもつトランデューサ	
■	ストレインゲージ(変位)
■	サーミスタ
■	CdSe(セレン化カドミウム)
■	Cds	■	チタン酸バリウム
■	熱電対
■	フォトダイオード
■	ホール素子(圧電素子)
■	ISFET	
	ミクロショック	マクロショック
心室細動	0.1mA(100μA)	100mA
最小感知電流		1mA
最大許容電流		
漏れ電流	10μA(0.01mA)↓↓	100μA(0.1mA)
	■	クラスⅠ機器:3Pコンセントの保護設置
■	クラスⅡ機器:補強絶縁
■	直流電流の人体電気抵抗:1kΩ
【EPR(等電位システム)】
■	0.1Ω↓↓の導線で1点アースし各機器間の電位差を10mV↓↓にするミクロショック対策
【時定数】
■	心電計:3.2秒以上↑↑
■	脳波形:0.3秒
■	筋電計:0.03秒
【漏れ電流の許容値】	BF形	CF形
接地漏れ電流	0.5mA	0.5mA
外装漏れ電流	0.1mA	0.1mA
患者漏れ電流	0.1mA	0.01mA
	
電撃防止手段	法則	■	自動平衡型:0~1Hz
■	熱ペン式:0~100Hz
■	インクジェット式:0~1500Hz
■	電磁オシログラフ:0~数kHz
■	サーマルアレイ:0~10kHz
■	基礎絶縁
■	3Pコンセント
■	EPRシステム
■	患者漏れ電流を小さく	■	クーロン:荷電粒子間に働く力
■	ニュートン:万有引力
■	フレミング:電流・磁界・力
■	ボイルシャルル:圧力・温度・気体の体積	
負帰還増幅器 バランスを保つ	増幅度	 

■	実行増幅度(利得)の安定化
■	周波数特性の改善
■	直線性の改善
■	内部雑音(歪み率)の改善
■	入力・出力インピーダンスの制御	■	電流:20 log10 [dB]
■	電圧:20 log10 [dB]
■	電力:10 log10 [dB]	
差動増幅器	生体電気計測用増幅器
■	同相除去率(CMRR)
■	同相信号(雑音)の抑制↓↓
■	逆相信号(生体信号)の増幅↑↑	↑↑入力インピーダンス
↑↑S/N比
↑↑CMRR	↓↓雑音(帯域幅に比例)
↓↓入力電流
↓↓直流電源のリップル(雑音)

関連タグ : 国家試験対策, 増幅器, トランデューサ, 周波数,