検査管理

ここでは、「検査管理」 に関する記事を紹介しています。
医学検査の専門家
医師の指示監督のもと、病院や診療所などで、微生物的検査や血液学的検査、病理学的検査、心電図、脳波検査などの生理学的検査などさまざまな検査を行い、診断や治療の基礎となるデータを提供する。検査結果が医師の診断を大きく左右するので、緻密な作業が要求される。
『大学・短大・専門学校・スクール』進路情報多数掲載


食後上昇↑↑する体内物質	食後低下↓↓する体内物質	運動後上昇↑↑する体内成分
■	グルコース
■	中性脂肪
■	インスリン
■	リポ蛋白	■	無機リン(P)
■	遊離脂肪酸
■	カリウム(K)
■	ヘモグロビン(Hb )	■	クレアチンキナーゼ(CK)
■	乳酸(LD)
■	AST(GOT)
■	ALT(GPT)
日内変動が著しい体内物質	女性より男性に多い体内物質	赤血球の主な無機成分
■	CTH(コルチゾール)
■	レニン
■	鉄(Fe)
■	カテコールアミン	■	尿酸
■	クレアチニン
■	クレアチンキナーゼ(CK)
■	鉄(Fe)	■	カリウム(K)
■	マグネシウム(Mg)
■	酸性ホスファターゼ
■	乳酸(LD)、AST、ALTなど
精度管理
【正確度】
■	回収率
■	回帰直線
■	相関係数
「正かい?そうかい」
 
【精密度】
■	日差再現性
■	同時再現性
■	平均値
■	標準偏差(SD)
■	変動係数(CV)	【管理試料を用いる】
■ X(―)-R管理図
■	マルチルール法
■	累積和法
■	双値法	【患者血清を用いる】
■	ナンバー・プラス法
■	デルタチェック法
■	項目間チェック法
「こ・かんをナ・デル」 

正規分布	TP=総蛋白	BUN=尿素窒素	Cho=コレステロール
Cl=塩素	Glu=グルコース	Bill=ビリルビン
P=リン	クレア=クレアチニン
 

「Ca TP P ClAlbの尿酸 Na Glu」
キャット・プリン・クラブの  ナグル	
対数正規分布	
「K ALT あそBUN AST Cho Bill クレア」
カルト・遊ぶなすと・チョービビル・クレア	
 
 

高圧ガスの容器の表示	抗凝固剤の種類
■	酸素:黒色 (酸化した色は黒)
■	水素:赤色 (水⇒あか)
■	炭酸:緑色 (植物⇒緑⇒CO2)
■	アセチレン:褐色
■	他:ねずみ色	■	脱Ca:クエン酸Na⇒抗凝固検査
     :EDTA⇒血算
■	脱リン酸化酵素阻害:NaF⇒血糖
■	抗トロンビン:ヘパリン⇒血算、血ガス、染色体

関連タグ : 国家試験対策, 体内成分, 精度管理, 語呂,


尿検査基準値	精液検査基準値	混濁尿の鑑別
■	PH:5~7.5
■	浸透圧:50~1300mOsm/kg
■	蛋白:40~150mg/day
■	 糖 :40~85mg/day
■	尿素:15~30g/day	■	精液量:2ml以上↑↑
■	PH:7.2~7.8(弱アルカリ)
■	精子濃度:20×106/ml↑↑
■	運動率:前進50%、高速直進25%	■	加温で透明⇒尿酸塩
■	3%酢酸で透明⇒リン酸塩
■	3%酢酸で気泡あり透明⇒炭酸塩
■	10%HClで透明⇒シュウ酸Ca
■	10%KOHで透明⇒尿酸結晶(尿路結石)
■	アルコール・エーテルで透明⇒乳び尿
【尿試験紙】	試薬	偽陽性(+)	偽陰性(-)
タンパク誤差	TBPB	PH8↑↑	PH3↓↓
糖:
酸化酵素法	ブドウ糖酸化酵素
POD	H2O2
次亜塩素酸	アスコルビン酸
ケトン体	ニトロプルシドNa		
ビリルビン	ジアゾ		アスコルビン酸
潜血:
Hbの偽POD作用	O-トリジン	ミオグロビン尿	アスコルビン酸
	 

	hCGについて
【血尿の鑑別】	潜血	沈渣赤血球	疾患
血尿	+	+	糸球体腎炎
ヘモグロビン尿	+	-間ビ↑↑	溶血性貧血(不適合輸血)
ミオグロビン尿	+	-	多発性筋炎、心筋梗塞
アスコルビン尿	-	+	
	■	αβサブユニット
■	OTC薬品ではβ鎖に特異的なモノクロナール抗体を用いる
■	流産・子宮外妊娠などの異常妊娠ではhCGが低値↓↓となる
【黄疸の鑑別】	直ビ	間ビ
閉塞性黄疸	+	-
肝硬変	+	+
溶血性黄疸	-	+
	尿沈渣 染色法
	■	ステインハイマー・マルビン(SM):好中球が染まる
■	ステインハイマー(S):好中球、上皮円柱、円柱が染まる
■	プレスコットブロディー:好中球が染まる(POD反応による)
円柱の種類と疾患 尿細管で生成され、3個以上か1/3以上の細胞	結晶の種類
	S染 基質	S染 細胞質	疾患
硝子円柱	青	-	
上皮円柱	青	赤	糸球体・尿細管障害
顆粒円柱		1/3↑↑で赤	ネフローゼ
ろう様円柱	ベタ青		重症腎障害
脂肪円柱	青	1個↑↑で脂肪透明	ネフローゼ
赤(白)血球円柱	青	3個↑↑で赤	腎疾患
空砲変性円柱			糖尿病性腎症
	 

髄液検査所見	髄液基準値
	細胞数	蛋白	糖
ギランバレー		↑↑↑	
化膿性髄膜炎(細菌)	好中球↑↑	↑↑↑	↓↓
結核性髄膜炎	リンパ球↑↑	↑↑	↓↓
ウイルス性髄膜炎	↑↑	↑↑	
	■	PH:7.31~7.34
■	比重:1.005~1.007
■	総蛋白:10~40mg/dl
■	糖:40~70mg/dl
■	Cl:120~128mEq/ℓ

関連タグ : 国家試験対策, 検査, 基準値, 語呂,