臨床化学

ここでは、「臨床化学」 に関する記事を紹介しています。
医学検査の専門家
医師の指示監督のもと、病院や診療所などで、微生物的検査や血液学的検査、病理学的検査、心電図、脳波検査などの生理学的検査などさまざまな検査を行い、診断や治療の基礎となるデータを提供する。検査結果が医師の診断を大きく左右するので、緻密な作業が要求される。
『大学・短大・専門学校・スクール』進路情報多数掲載


原理
ALPは基質である4-ニトロフェニルリン酸(4-NPP)を加水分解して4-ニトロフェノール(4-NP)とEAE-リン酸を生成する。両反応に共通して生じる4-NPの増加速度を405nmにおける吸光度の変化量として検出してALP活性を測定する

アルカリフォスファターゼ活性手順書グラフ表

考察
結果からALPにEDTAを添加したら活性が低下した。EDTA(クエン酸ナトリウム)は抗凝固剤で加水分解の妨げになるのだろうか?

関連タグ : 4-ニトロフェニルリン酸, 4-ニトロフェノール, EAE-リン酸, EDTA(クエン酸ナトリウム), 抗凝固剤, 加水分解,


グルコースの測定レポート

考察
本呈色反応はアスコルビン酸やビリルビンなど還元性物質の共存により負誤差を生じる。検量線を作成した結果、誤差が119%、100%で直線になるので手技の不足を感じた。S-4の溶血液は、溶血により赤血球が破壊され、グルコース濃度の減少に繋がったと考えられる。

関連タグ : グルコースオキシダーゼ, ペルオキシダーゼ, グルコン酸, 赤色キノン色素, 過酸化水素,