【国家試験対策】まとめノート:解剖病理学 .part4

ここでは、「【国家試験対策】まとめノート:解剖病理学 .part4」 に関する記事を紹介しています。

酸性フクシンを用いる染色法の語呂	ピクリン酸を含む固定液の語呂
「ママさんの服、・ワ・ゴンSALE!」	「麻布(ア・ザ・ブ)にピン・サ・ロOPEN!」
→ゴモリ?
→ワンギーソン

→酸性フクシン

→マッソン
→マロリー	→ロスマン

→ピクリン


→ブアン
→ザンボニ
→アレン


各種対比染色	色素の特徴と種類
■	フクシン⇔マラカイトグリーン
■	ヘマトキシリン⇔エオジン (HE染色)
■	クリスタル紫⇔サフラニン (グラム染色)	■	好酸性色素:水に溶けやすく負に荷電する。
(細胞質、筋肉、線維など)
■	好塩基性色素:アルコールに解けやすく正に荷電する
(DNA、RNA、リン酸など)
■	両性色素:メチレン青、エオジン酸
■	無極性色素:脂肪染色(ズダンⅢ、オイルO赤)
シュモール反応について	
■	メラニンの証明
■	リポフスチンの証明 、セロイドの証明	
癌抑制遺伝子の特徴	癌遺伝子の特徴
■	P53:リーフラウメニ症
■	Rb:網膜芽細胞腫、骨肉腫
■	APC:家族性大腸ポリポーシス
■	WT‐1:ウィルムス腫瘍	■	hst‐1:胃癌
■	ras:白血病
■	int:メラノーマ
■	erb‐b3:乳癌
生体内色素	ダグラス窩について
血液:ヘモグロビン  筋・神経:メラニン
  :へモジデリン      :リポフスチン
  :ビリルビン       :ミオグロビン	♂男:膀胱の後方と直腸の間
♀女:子宮と直腸の間
滲出液、漏出液の特徴	脾腫を起こす疾患
	滲出	漏出
外観	濁	透
比重	1.018↑↑	1.015↓↓
蛋白	4g/dl↑↑	2.5g/dl↓↓
リバルタ	+	-
細胞	WBC,リンパ	中皮、組織球
	■	門脈高血圧症:肝硬変、日本住血吸虫症
■	感染:マラリア
■	代謝性疾患:ゴーシェ病、ニーマンピック病
■	血液疾患:溶血性貧血、悪性貧血
■	悪性腫瘍:ホジキン、ウィルムス、セミノーマ
結核の特徴	TNM分類とは	転移癌の種類
■	乾酪壊死
■	ラングハンス巨細胞
■	類上皮細胞	T:腫瘍の大きさ
N:リンパ節転移
M:転移	■	シュニッツラー転移:胃癌がダグラス窩に播種
■	クルーケンベルグ腫瘍:胃癌が卵巣に播種
■	ウィルヒョウ転移:胃癌が左鎖骨上窩リンパ節へ
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rinsh.blog.fc2.com/tb.php/519-1bbc7c07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック