【国家試験対策】まとめノート:解剖病理学 .part5

ここでは、「【国家試験対策】まとめノート:解剖病理学 .part5」 に関する記事を紹介しています。

肺胞の特徴	肥満細胞の特徴
■	肺胞上皮はⅠ型とⅡ型がありⅡ型は表面活性物質を産生
■	直径0.1~0.3nm、厚さ1μm以下↓↓
■	肺は機能血管(肺動脈)と栄養血管である気管支動脈より2重支配を受ける。	■	トルイジン青で異染性(メタクロマジー)好塩基性に染色される。
■	ヘパリンやヒスタミンが含まれ、抗炎症物質として分泌される。
胎盤との循環/胎生期における循環器	各器官の位置付け
■	臍帯動脈2本と臍帯静脈1本を介し胎盤と胎児の物質交換が行なわれる。
■	動脈管(ボタロー管)は肺動脈と大動脈との間を連絡する
■	卵円光は右心房と左心房の心房中隔に開いた穴である。	■	上気道:鼻腔~喉頭
■	下気道:気管~終末細気管支
■	呼吸細気管支から肺胞が出現し、ガス交換に関与する
感覚器の種類と特徴	症状の解説
■	マイスナー小体:触覚 ←メルケル細胞
■	ファーターパチニ小体:圧覚
■	ルフィニ小体:腱の緊張を感受する
■	クラウゼ小体:機械的刺激受容体	■	フォン・ギールケ症:糖代謝異常でグリコーゲンが蓄積する。
■	リソソーム酵素欠損(ムコ多糖症):糖代謝異常
■	アジソン病:メラニン代謝異常
■	メンケス病:銅代謝異常
■	ゴーシェ病:脂質代謝異常でグルコセレブレシドの一種であるケラチンが細胞に蓄積する。
※ カルチノイド腫瘍はセロトニンを分泌
■	抗ケラチン(+):食道粘膜、乳管細胞などの上皮細胞
■	抗セロトニン(+):腸粘膜、クロム親和性細胞、カルチノイド
■	ケイ酸結晶やアミロイドの観察には偏光顕微鏡を用いる	
二重支配臓器	機能血管	栄養血管
肺	肺動脈	気管支動静脈
肝臓	門脈	固有肝動脈
	グリソン鞘を通るもの
	■	胆管
■	門脈
■	固有肝動脈
HE染色の特徴	パパニコロウ染色の特徴
■	退色しにくいので永久保存可
■	核染色後エオジンで細胞質を染める
■	色出しにアンモニアを用いる	■	基底細胞:ライト緑に好染
■	表層細胞:オレンジGに好染
関連記事

関連タグ : 国家試験対策, 症状, 細胞, 染色,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rinsh.blog.fc2.com/tb.php/522-8545fdbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック