【国家試験対策】まとめノート:臨床化学 .part5

ここでは、「【国家試験対策】まとめノート:臨床化学 .part5」 に関する記事を紹介しています。

ステロイド骨格17位にOH基を有する	■	HbA:グリケーション(非酵素的)を受けHbA1になる
■	HbA:グリコシレーション(酵素的)は糖結合反応である
■	コルチゾール
■	性ホルモン	
骨形成マーカー	RTP(Rapid Turnover Protein)
■	オステオカルシン
■	プロコラーゲンペプチド
■	アルカリホスファターゼ	■	栄養素的には静的・動的に分けられる
○静■ アルブミン:半減期(17日)
○静■ トランスフェリン:半減期(7日)
○動■ トランスサイレチン:半減期(2日)
○動■ レチノール結合蛋白:半減期(0.5日)

酵素単位
■	1○分間に1○μmol/ℓの基質を変化される酵素量を1○国際単位として表す
■	1○秒間に1 mol/ℓの基質を変化される酵素量を1○katalとして表す。

ミカエリス定数	酵素と基質(1u/ℓ:1ℓ中・30℃・1分間に1μmol)
■	単位:基質濃度(mol濃度)で表す
■	酵素と基質の親和性を示す
■	基質濃度はKmの10~20倍
■	ラインウィバー・バークのプロットにより求める
■	ミカエリス定数(km値):最大反応速度の1/2の反応速度のときの基質濃度	 

ビリルビンについて	Ca(カルシウム)について
■	酸化⇒ビリベルジン⇒還元:ビリルビン
■	70%~80%は赤血球のヘモグロビン由来
■	間接ビリルビン(非水溶性)はジアゾ試薬と直接反応しない。マロイ・エベリン法はジアゾ反応で発色	■40%はアルブミンと結合し、50%はイオン化カルシウムとして存在する
疾患と血清蛋白分画
関連記事

関連タグ : 国家試験対策, 酵素, ホルモン,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rinsh.blog.fc2.com/tb.php/556-0de0f1f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック