【国家試験対策】まとめノート:検査管理学.part1

ここでは、「【国家試験対策】まとめノート:検査管理学.part1」 に関する記事を紹介しています。

食後上昇↑↑する体内物質	食後低下↓↓する体内物質	運動後上昇↑↑する体内成分
■	グルコース
■	中性脂肪
■	インスリン
■	リポ蛋白	■	無機リン(P)
■	遊離脂肪酸
■	カリウム(K)
■	ヘモグロビン(Hb )	■	クレアチンキナーゼ(CK)
■	乳酸(LD)
■	AST(GOT)
■	ALT(GPT)
日内変動が著しい体内物質	女性より男性に多い体内物質	赤血球の主な無機成分
■	CTH(コルチゾール)
■	レニン
■	鉄(Fe)
■	カテコールアミン	■	尿酸
■	クレアチニン
■	クレアチンキナーゼ(CK)
■	鉄(Fe)	■	カリウム(K)
■	マグネシウム(Mg)
■	酸性ホスファターゼ
■	乳酸(LD)、AST、ALTなど
精度管理
【正確度】
■	回収率
■	回帰直線
■	相関係数
「正かい?そうかい」
 
【精密度】
■	日差再現性
■	同時再現性
■	平均値
■	標準偏差(SD)
■	変動係数(CV)	【管理試料を用いる】
■ X(―)-R管理図
■	マルチルール法
■	累積和法
■	双値法	【患者血清を用いる】
■	ナンバー・プラス法
■	デルタチェック法
■	項目間チェック法
「こ・かんをナ・デル」 

正規分布	TP=総蛋白	BUN=尿素窒素	Cho=コレステロール
Cl=塩素	Glu=グルコース	Bill=ビリルビン
P=リン	クレア=クレアチニン
 

「Ca TP P ClAlbの尿酸 Na Glu」
キャット・プリン・クラブの  ナグル	
対数正規分布	
「K ALT あそBUN AST Cho Bill クレア」
カルト・遊ぶなすと・チョービビル・クレア	
 
 

高圧ガスの容器の表示	抗凝固剤の種類
■	酸素:黒色 (酸化した色は黒)
■	水素:赤色 (水⇒あか)
■	炭酸:緑色 (植物⇒緑⇒CO2)
■	アセチレン:褐色
■	他:ねずみ色	■	脱Ca:クエン酸Na⇒抗凝固検査
     :EDTA⇒血算
■	脱リン酸化酵素阻害:NaF⇒血糖
■	抗トロンビン:ヘパリン⇒血算、血ガス、染色体
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rinsh.blog.fc2.com/tb.php/558-9ccb779a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック