【国家試験対策】まとめノート:医用工学.part1

ここでは、「【国家試験対策】まとめノート:医用工学.part1」 に関する記事を紹介しています。


	容量(インダクタ)	インピーダンス	周波数
コンデンサ	↓↓	↑↑	↓↓
インダクタ	↑↑	↑↑	↑↑
	■	電力:W [ワット]
■	インピーダンス:Ω[オーム]
■	コンダクタンス:S [シーメンス]
■	増幅度:dB [デシベル]
■	インダクタンス:H [ヘンリー]
■	コンデンサ:F [ファラド]
■	起電力:V [ボルト]
■	電荷:C [クーロン]
■	静電容量:F [ファラド]
電気抵抗をもつトランデューサ	起電力をもつトランデューサ	
■	ストレインゲージ(変位)
■	サーミスタ
■	CdSe(セレン化カドミウム)
■	Cds	■	チタン酸バリウム
■	熱電対
■	フォトダイオード
■	ホール素子(圧電素子)
■	ISFET	
	ミクロショック	マクロショック
心室細動	0.1mA(100μA)	100mA
最小感知電流		1mA
最大許容電流		
漏れ電流	10μA(0.01mA)↓↓	100μA(0.1mA)
	■	クラスⅠ機器:3Pコンセントの保護設置
■	クラスⅡ機器:補強絶縁
■	直流電流の人体電気抵抗:1kΩ
【EPR(等電位システム)】
■	0.1Ω↓↓の導線で1点アースし各機器間の電位差を10mV↓↓にするミクロショック対策
【時定数】
■	心電計:3.2秒以上↑↑
■	脳波形:0.3秒
■	筋電計:0.03秒
【漏れ電流の許容値】	BF形	CF形
接地漏れ電流	0.5mA	0.5mA
外装漏れ電流	0.1mA	0.1mA
患者漏れ電流	0.1mA	0.01mA
	
電撃防止手段	法則	■	自動平衡型:0~1Hz
■	熱ペン式:0~100Hz
■	インクジェット式:0~1500Hz
■	電磁オシログラフ:0~数kHz
■	サーマルアレイ:0~10kHz
■	基礎絶縁
■	3Pコンセント
■	EPRシステム
■	患者漏れ電流を小さく	■	クーロン:荷電粒子間に働く力
■	ニュートン:万有引力
■	フレミング:電流・磁界・力
■	ボイルシャルル:圧力・温度・気体の体積	
負帰還増幅器 バランスを保つ	増幅度	 

■	実行増幅度(利得)の安定化
■	周波数特性の改善
■	直線性の改善
■	内部雑音(歪み率)の改善
■	入力・出力インピーダンスの制御	■	電流:20 log10 [dB]
■	電圧:20 log10 [dB]
■	電力:10 log10 [dB]	
差動増幅器	生体電気計測用増幅器
■	同相除去率(CMRR)
■	同相信号(雑音)の抑制↓↓
■	逆相信号(生体信号)の増幅↑↑	↑↑入力インピーダンス
↑↑S/N比
↑↑CMRR	↓↓雑音(帯域幅に比例)
↓↓入力電流
↓↓直流電源のリップル(雑音)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rinsh.blog.fc2.com/tb.php/562-cbd65905
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック