汚染が少ない食品における大腸菌群定性試験

ここでは、「汚染が少ない食品における大腸菌群定性試験」 に関する記事を紹介しています。


大腸菌(Coliforms),糞便系大腸菌群(Fecal coliforms),大腸菌(Escherichia coli)は、環境衛生管理に有用な衛生指標菌として考えられる。その中で大腸菌群はグラム陰性の無芽胞桿菌で乳糖を分解して酸とガスを産生する通性嫌気性菌でEscherichia,Citrobacter,Klebsiella,Enterobacter など多くの腸内細菌群の菌が含まれ、糞便と無関係なAeromonasもその一つである。
大腸菌群の中で44.5℃で発育し乳糖を分解してガスを産生するものを糞便系大腸菌群、その中で インドール産生能(I), メチルレッド反応(M), VP反応(Vi) シモンズクエン酸塩の利用(C)の性状によるIMViC試験のパターンが「 + + - - 」のものが大腸菌である。


daichou EC
汚染が少ない食品検査は、浅漬け ・生めん・冷凍食品(冷凍前未加熱)など


このエントリーをはてなブックマークに追加 医療系学生と医療従事者の語らいにほんブログ村ポイントがザクザク貯まる!カード8選
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rinsh.blog.fc2.com/tb.php/666-9a8bf768
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック