血液学

ここでは、「血液学」 に関する記事を紹介しています。

 医学検査の専門家 検査技師とは? 

医師の指示監督のもと、病院や診療所などで、微生物的検査や血液学的検査、病理学的検査、心電図、脳波検査などの生理学的検査などさまざまな検査を行い、診断や治療の基礎となるデータを提供する。

検査結果が医師の診断を大きく左右するので、緻密な作業が要求される。


白血球形態異常の語呂	エリスロポエチンについて
 
■	酸素の低下↓↓により産生が亢進↑↑する
■	腎性貧血、真性多血症で産生低下↓↓
	ヘモグロビンについて
	■	ヘモグロビンAはα2β2のポリペプチド鎖
■	ヘモグロビンFはα2γ2のポリペプチド鎖
■	メトHbはHbが酸化してFe3+になったもの
 
※ 遺伝性球状赤血球症、鉄芽球性貧血で2峰性	 

リン脂質抗体について	赤血球沈降速度(ESR)について
■	↑↑抗カルジオリピン抗体
■	↑↑ループスコアアンチグランド	■	↑↑促進:感染・炎症・免疫疾患
■	↓↓遅延:Alb↑↑・フィブリノゲン↓↓・RBC↑↑
       DIC、線溶↑↑、多血症
顆粒球について	アンチトロンビンⅢ(ATⅢ)について
■	アルカリホスファターゼは特殊顆粒に含まれる
■	ドラムスティックは女性の好中球1~5%にみられる
■	好塩基球はヒスタミン、ヘパリンを含む
■	単球はムラミダーゼ(リゾチーム)を分泌する
■	体内のTリンパ球は80%、Bリンパ球は20%	■	肝で合成され、セリンプロテアーゼと不可逆的に結合し、その作用を抑制する
■	ヘパリンと結合し、抗トロンビン作用を示す
特殊染色について	シリング試験について
■	ペルオキシダーゼ染色:(+)顆粒球、単球
               (-)リンパ球
■	特異的エステラーゼ染色:(+)好中球系
■	非特異的エステラーゼ染色:(+)単球
※NaF阻害を受ける	■	悪性貧血の診断として用いられる
■	57Co、58Coを標識したビタミンB12を用いてビタミンB12の吸収能を調べる
悪性貧血について
■	ハウエルジョリー小体 出現
■	好中球過分葉
■	巨赤芽球出現(巨大後骨髄球)
■	大球性正色素性貧血	■	↓↓白血球(WBC)数
■	↓↓血小板数
■	↓↓M/E比
■	↓↓胃内因子抗体
白血球形態異常の語呂 エリスロポエチンについて ■ 酸素の低下↓↓により産生が亢進↑↑する ■ 腎性貧血、真性多血症で産生低下↓↓ ヘモグロビンについて ■ ヘモグロビンAはα2β2のポリペプチド鎖 ■ ヘモグロビンFはα2γ2のポリペプチド鎖 ■ メトHbはHbが酸化してFe3+になったもの ※ 遺伝性球状赤血球症、鉄芽球性貧血で2峰性 リン脂質抗体について 赤血球沈降速度(ESR)について ■ ↑↑抗カルジオリピン抗体 ■ ↑↑ループスコアアンチグランド ■ ↑↑促進:感染・炎症・免疫疾患 ■ ↓↓遅延:Alb↑↑・フィブリノゲン↓↓・RBC↑↑        DIC、線溶↑↑、多血症 顆粒球について アンチトロンビンⅢ(ATⅢ)について ■ アルカリホスファターゼは特殊顆粒に含まれる ■ ドラムスティックは女性の好中球1~5%にみられる ■ 好塩基球はヒスタミン、ヘパリンを含む ■ 単球はムラミダーゼ(リゾチーム)を分泌する ■ 体内のTリンパ球は80%、Bリンパ球は20% ■ 肝で合成され、セリンプロテアーゼと不可逆的に結合し、その作用を抑制する ■ ヘパリンと結合し、抗トロンビン作用を示す 特殊染色について シリング試験について ■ ペルオキシダーゼ染色:(+)顆粒球、単球                (-)リンパ球 ■ 特異的エステラーゼ染色:(+)好中球系 ■ 非特異的エステラーゼ染色:(+)単球 ※NaF阻害を受ける ■ 悪性貧血の診断として用いられる ■ 57Co、58Coを標識したビタミンB12を用いてビタミンB12の吸収能を調べる 悪性貧血について ■ ハウエルジョリー小体 出現 ■ 好中球過分葉 ■ 巨赤芽球出現(巨大後骨髄球) ■ 大球性正色素性貧血 ■ ↓↓白血球(WBC)数 ■ ↓↓血小板数 ■ ↓↓M/E比 ■ ↓↓胃内因子抗体

関連タグ : 国家試験対策, 語呂, 染色, 症状, 検査,


骨髄巨核球数が増加↑↑する疾患	骨髄巨核球数が減少↓↓する疾患
■	特発性血小板減少性紫斑病(ITP)
■	慢性骨髄性白血病(CML)
■	本態性血小板血症(血小板↑↑)
■	骨髄異形成症(MDS)
※ 本態性=特発性:疾患の原因が明らかでない	■	急性白血病⇒DIC
■	再生不良性貧血
■	メイヘグリン異常⇒巨大血小板の出現
■	ベルナールスーリエ⇒巨大血小板の出現
【先天性】血小板の異常疾患	【後天性】血小板の異常疾患
■	メイヘグリン異常
■	ベルナールスーリエ
■	ファンコニー症	■	本態性血小板血症
■	慢性骨髄性白血病(CML)
■	骨髄異形成症(MDS)
■	真性多血症
再生不良性貧血について  造血異常	■	特発性血小板減少性紫斑病(ITP)について
■	↑↑Fe2+
■	↑↑リンパ球数増加
■	↑↑出血時間延長
■	↓↓不飽和鉄結合能低下
■	↓↓血小板数減少	■	↑↑出血時間延長
■	↓↓血小板数減少
■	↓↓血餅収縮低下
※ 血小板数減少と出血時間延長は拮抗する
慢性骨髄性白血病(CML)について	急性骨髄性白血病(AML)について
■	↑↑WBC(白血球)数
■	↑↑血小板数
■	↑↑好塩基球	■	フィラデルフィア染色体
■	BCR/ABL・t(p;22)
■	↓↓NAP
	■	↑↑FDP上昇
■	↓↓WBC(白血球)数減少⇒汎血球減少⇒DIC併発
■	↓↓血小板数減少
■	↓↓フィブリノゲン減少
播種性血管内凝固症(DIC)について	多発性骨髄腫について
■	↑↑Dダイマー
■	↑↑FDP
■	↑↑PT・APTT
■	↑↑TAT	■	↓↓血小板数
■	↓↓フィブリノゲン
	■	連銭形成がみられ、IgG型蛋白症をきたす
■	ペンスジョーンズ蛋白(L鎖の2量体)陽性
■	単クローン性の腫瘍性増殖によりM蛋白血症と骨破壊がみられる。
溶血性貧血について	発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)について
■	↑↑網赤血球
■	↑↑間接ビリルビン
赤芽球過形成	■	↓↓ハプトグロビン
■	↓↓赤血球浸透圧抵抗試験
	■	↑↑間接ビリルビン
■	↑↑乳酸(LD)
■	↑↑好塩基球
DAF(CD55)、CD59欠損	■	↓↓血小板数
■	↓↓NAP
■	↓↓コリンエステラーゼ           (ChE)

好中球アルカリホスファターゼスコア(NAP)が低下する疾患	不安定ヘモグロビン尿症について
 
■	↑↑網赤血球増加
■	↑↑間接ビリルビン上昇
■	↑↑乳酸(LD)上昇
■	ハインツ小体出現
骨髄巨核球数が増加↑↑する疾患 骨髄巨核球数が減少↓↓する疾患 ■ 特発性血小板減少性紫斑病(ITP) ■ 慢性骨髄性白血病(CML) ■ 本態性血小板血症(血小板↑↑) ■ 骨髄異形成症(MDS) ※ 本態性=特発性:疾患の原因が明らかでない ■ 急性白血病⇒DIC ■ 再生不良性貧血 ■ メイヘグリン異常⇒巨大血小板の出現 ■ ベルナールスーリエ⇒巨大血小板の出現 【先天性】血小板の異常疾患 【後天性】血小板の異常疾患 ■ メイヘグリン異常 ■ ベルナールスーリエ ■ ファンコニー症 ■ 本態性血小板血症 ■ 慢性骨髄性白血病(CML) ■ 骨髄異形成症(MDS) ■ 真性多血症 再生不良性貧血について  造血異常 ■ 特発性血小板減少性紫斑病(ITP)について ■ ↑↑Fe2+ ■ ↑↑リンパ球数増加 ■ ↑↑出血時間延長 ■ ↓↓不飽和鉄結合能低下 ■ ↓↓血小板数減少 ■ ↑↑出血時間延長 ■ ↓↓血小板数減少 ■ ↓↓血餅収縮低下 ※ 血小板数減少と出血時間延長は拮抗する 慢性骨髄性白血病(CML)について 急性骨髄性白血病(AML)について ■ ↑↑WBC(白血球)数 ■ ↑↑血小板数 ■ ↑↑好塩基球 ■ フィラデルフィア染色体 ■ BCR/ABL・t(p;22) ■ ↓↓NAP ■ ↑↑FDP上昇 ■ ↓↓WBC(白血球)数減少⇒汎血球減少⇒DIC併発 ■ ↓↓血小板数減少 ■ ↓↓フィブリノゲン減少 播種性血管内凝固症(DIC)について 多発性骨髄腫について ■ ↑↑Dダイマー ■ ↑↑FDP ■ ↑↑PT・APTT ■ ↑↑TAT ■ ↓↓血小板数 ■ ↓↓フィブリノゲン ■ 連銭形成がみられ、IgG型蛋白症をきたす ■ ペンスジョーンズ蛋白(L鎖の2量体)陽性 ■ 単クローン性の腫瘍性増殖によりM蛋白血症と骨破壊がみられる。 溶血性貧血について 発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)について ■ ↑↑網赤血球 ■ ↑↑間接ビリルビン 赤芽球過形成 ■ ↓↓ハプトグロビン ■ ↓↓赤血球浸透圧抵抗試験 ■ ↑↑間接ビリルビン ■ ↑↑乳酸(LD) ■ ↑↑好塩基球 DAF(CD55)、CD59欠損 ■ ↓↓血小板数 ■ ↓↓NAP ■ ↓↓コリンエステラーゼ           (ChE) 好中球アルカリホスファターゼスコア(NAP)が低下する疾患 不安定ヘモグロビン尿症について ■ ↑↑網赤血球増加 ■ ↑↑間接ビリルビン上昇 ■ ↑↑乳酸(LD)上昇 ■ ハインツ小体出現

関連タグ : 国家試験対策, 語呂, 血液, 症状, 白血病, ヘモグロビン,